トップメッセージ

1920年に創業以来、リンナイは皆様の日々の暮らしに貢献する総合熱エネルギー機器メーカーとして、「安全・安心」「快適性」「環境性」をキーワードに、コンロ・炊飯器などの厨房機器、給湯器・ふろがまなどの給湯機器、ファンヒーター・ストーブなどの空調機器、また近年では加えて、食器洗い乾燥機やレンジフードなどのキッチン周り商品、温水暖房システムを使用した床暖房や浴室暖房乾燥機など、お客様の多様なニーズに応える商品を提供してまいりました。

世界全体の課題でもある環境への配慮に加えて、日本では、高齢化社会、医療・健康問題など様々な社会課題に直面しています。リンナイは、電気とガスを組み合わせて世界トップレベルの省エネ性と快適な暮らしを両立するハイブリッド給湯・暖房システムや、浴室のヒートショック対策に役立つ浴室暖房乾燥機、室内で洗濯物を乾燥させる衣類乾燥機など、様々な社会課題解決に貢献できる商品の提案も積極的に行っています。

国内のみならず、リンナイはアメリカ、中国、オーストラリア、韓国、インドネシア、ブラジル、イタリアなど世界各国で、それぞれの生活文化・気候条件・エネルギー事情に最適で高品質な熱エネルギー機器を開発し提供しています。リンナイの先進技術を駆使した商品は、CO2排出量の削減や省エネに貢献する高い環境性能、日本のモノづくり技術が生きる利便性と快適性、そして何よりも品質への高い信頼から、多くの国々でNo.1ブランドの評価をいただいています。

現在、当社グループは創業100周年となる2020年度を最終年度とする中期経営計画「G-shift 2020」にて、3つのG(Global、Generation、Governance)シフトを推進しています。グループネットワークを活かした戦略推進と世界に通用するブランドへのシフト、100年培った伝統を継承しつつ常識を打ち破る新たな世代へのシフト、時代に沿った経営体制と企業成長を促す組織構成へのシフトをそれぞれ推し進めています。

リンナイの特長は、当社グループが世界の皆様の日々の暮らしに欠かせない生活必需品を扱う企業であることです。本業を通じて、世界の人々の暮らしと地球環境に貢献することは、リンナイの果たすべき使命であり社会的責任であると確信しています。今後も「熱と暮らし」「健康と暮らし」をキーワードに、自社の強みを生かして独自の商品・サービスを提供し、世界の人々の生活レベル向上に寄与してまいります。

  • 代表取締役社長 内藤 弘康