国内シェア、ナンバーワン。

日本の発展とともに、人々の暮らしを支えてきました。

日本の発展とともに、

人々の暮らしを支えてきました。

「温かいご飯を食べる」「お風呂で一日の疲れを癒す」。私たちの日常は“熱”の存在によって成り立っています。熱機器メーカーとして歩み始めた私たちは、戦後の復興や高度経済成長期など、いつの時代も日本の発展とともに人々の生活を支え続けてきました。そして今、確かな技術力と暮らしを支える使命感を糧にして、国内シェアNo.1の企業へと成長を遂げました。さらにその想いは国境を越え、現在では80ヶ国で製品を販売しています。これからも世界中の暮らしに“温もり”を届けるために、そして一人ひとりにさらなる快適を届けるために、私たちは歩み続けていきます。

HISTORY

暮らしを支えてきたリンナイ、挑戦の歴史

1920

故内藤秀次郎(初代社長)と
故林兼吉(2代目社長)の両名に
より「林内商会」が創設。

リンナイという社名は、創設者である内藤秀次郎と林兼吉から一字を取ったもの。当時、ガス会社で同僚だった二人が、石油コンロを造り始めたのがリンナイの始まりでした。

1957日本初

国内初の
シュバンク式ストーブを開発。
日本中にリンナイの製品が
広がるきっかけに。

製品の付加価値を高めるために、海外視察を敢行。それがきっかけとなり、ドイツ・シュバンク社と技術提携し、国内初となるガス赤外線ストーブを市場に送り出しました。

1962業界初

業界で初めての試みとして、
ガステーブルコンロに、
グリル機能を搭載。

換気が悪い家庭がほとんどであったため、排出される煙の少ないグリルをコンロに装備。この商品が大ヒットしたことで「厨房のリンナイ」と呼ばれる土台を作り上げました。

1967

業界に先駆けて、
アメリカへ、
リンナイ初の海外進出。

GLOBALページへガス機器ブームを迎えていたアメリカ。成長を続ける市場に注目したリンナイは、海外進出第1号としてオハイオ州に合弁会社リンナイ・インターナショナル社を設立しました。

1969日本初

日本で初めて、
ガスコンロのJIS表示
許可を受ける。

ガス器具製造ラインの品質管理体制の確立を目指し、資料の作成や規格規定の整備に力を尽くしました。その結果、大口工場でJIS許可工場の認定を受けることができました。

1971世界初

社名を
「リンナイ株式会社」に変更。
その年、世界初となる
ガス高速レンジを開発。

社名を変更したこの年に、電子レンジに対抗する商品の開発をスタート。大阪ガスとの共同プロジェクトによって、世界で初めてのガス高速レンジを生み出しました。

1979日本初

国内初の、
電子ジャー付ガス炊飯器を開発。
空前のヒット作となりました。

国内で初めて、ガスの特性を活かした“パッパ方式”を取り入れた炊飯器を開発。保温性能が強みであるこの製品は、6ヶ月で10万台を生産するヒット商品となりました。

1983

オイルショック後の追い風と、
事業の成長を後押しにして、
株式(東証・名証一部)上場。

オイルショックを乗り切った日本。人々の暮らしはこれまで以上に豊かになり、個人所得も個人消費量も増加していくなかで、さらなる事業の成長を目指して、株式上場を行いました。

1990業界初

業界で初めて、
ガスファンヒーターと
空気清浄機を融合。

1990年代に入ると、室内での環境汚染への対応として、空気清浄機に関心が集まり始めました。当社では、ダストセンサーを搭載して、自動運転する空気清浄機付ガスファンヒーターを発売しました。

2010世界初

ヒートポンプと
高効率コンデンシング
給湯器を
組み合せた、
家庭用ハイブリッド給湯器の商品化。

エネルギーの在り方に新たな提案をする電気×ガスのハイブリッド給湯・暖房システムを開発。極めて高い省エネ効果と、環境への負荷低減を実現し、社会に大きな影響を与えました。

2012

圧倒的なエネルギー効率を誇る
"ECO ONE"の後継機が
次々に表彰を受けました。

詳細情報はこちらさらなる性能向上を図って開発されたECO ONEの後継機。極めて高いエネルギー効率が評価され、省エネ大賞(経済産業大臣賞)やグッドデザイン賞を受賞しました。

2016

これまでの
ガスコンロの常識を越えていく、
新「DELICIA」が誕生。

詳細情報はこちら高いデザイン性だけではなく、調理の利便性や手入れのしやすさなど、あらゆる面で今までのガスコンロを超えていく新製品。料理を楽しくし、暮らしを豊かにしていきます。