原点思想である「品質こそ我らが命」

その想いは、これからもずっと変わらない。

熱機器は少しの不具合によって大きな事故につながってしまう可能性があるため、品質は私たちの命です。自社内でのコア技術の開発や、プレス加工から組み立てを一貫して行う生産体制は、すべてその証です。不良品を1つも発生させない「ゼロディフェクト」の達成に注力し、安全で安心のモノづくりにこだわりを持っています。また、単に不良品をつくらないだけでなく、快適な生活を提供することも一つの“品質”だと考え、消費者の方々に「安全・安心な使い方」を常に呼びかけていく啓蒙活動も積極的に推進しています。

圧倒的な高品質を生み出すための、
3つのポイント

POINT.01

コア技術は、すべて自社開発。
品質には、一切妥協しません。

「燃焼」「熱交換」「ガス・水・空気の流体制御」「電子制御」の技術は、リンナイにとってのコア技術です。どのような過酷な使用環境でも決して不具合を発生させないために、商品の品質や性能に大きく関わる部分はすべて自社で開発し、国内外の工場やグループ関連会社で製造することで高い品質を実現しています。

燃焼技術

バーナー

熱交換器

液体制御技術

ガスバルブ

水バルブ

電子制御技術

ハードウェア

ソフトウェア

POINT.02

一貫した生産体制が、
圧倒的な高品質を生み出していく。

「100%の良品」を提供するために、後工程へ不良を流さない「自工程完結」の考え方を採用し、一貫した生産体制を展開しています。また、製造現場だけではなく、アフターメンテナンスも徹底的にサポート。リンナイの製品を使用していただくお客様の満足度が、私たちの品質力であると考えています。

製品ができるまで
プレス加工 板金加工 表面処理 組立

POINT.03

スキルアップと組織の活性化を
実現する、QCサークル。

社員一人ひとりの能力向上や組織の活性化を目指し、QC(Quality Control)サークル活動を展開しています。製造工程のムリ・ムダを見つけ、それを一つずつ改善していきながら、昨日より少しでも良い現場を目指しています。また、毎年9月に開催される全社QCサークル大会では優秀サークルを表彰し、情報やノウハウを共有しています。