ニュースリリース

2017年01月27日

ハイブリッド給湯・暖房システムECO ONE(エコワン)
省エネ大賞「省エネルギーセンター会長賞」受賞

熱と暮らしを支える総合熱エネルギー機器メーカーのリンナイ株式会社(本社:愛知県名古屋市、社長:内藤 弘康)は、平成28年度省エネ大賞(主催:一般財団法人省エネルギーセンター)の製品・ビジネスモデル部門において、電気とガスを組み合わせた家庭用ハイブリッド給湯・暖房システムECO ONE(エコワン)で「省エネルギーセンター会長賞」を受賞しました。

ECO ONEは、空気熱を活用した電気のヒートポンプと、ガス給湯器エコジョーズを組み合わせた家庭用ハイブリッド給湯・暖房システムです。

今回受賞したECO ONEは、ハイブリッドシステム効率の向上で業界最高レベルの給湯一次エネルギー消費削減率を実現したことに加え、床暖房運転の省エネ化、スマートフォン連携対応、太陽光発電電力活用モード、家庭用蓄電池での自立運転への対応など利便性を高めた点が評価されました。

なお、2014年1月には、ECO ONE(当時モデル)が平成25年度省エネ大賞の最高賞「経済産業大臣賞」を受賞しており、今回で2度目の受賞となります。

省エネ大賞は、優れた省エネ活動や省エネ製品を表彰し、省エネルギー意識の浸透、省エネルギー製品の普及促進に寄与することを目的としています。表彰式は、2月15日(水) 10:15から東京ビッグサイト 会議棟 レセプションホールAにて行われる予定です。また、受賞商品のECO ONEは、2月15日(水)~17日(金)に開催される「ENEX2017 第41回地球環境とエネルギーの調和展」のアワードコーナー(東京ビッグサイト東2ホール)、リンナイブースにてご覧いただけます。

【ご参考】受賞商品の特長

「省エネルギーセンター会長賞」受賞 家庭用ハイブリッド給湯・暖房システムECO ONE

◆給湯一次エネルギー消費量を大幅に削減し省エネNo.1※1

家庭のエネルギー消費※2の大半を給湯と暖房が占めます。ECO ONEは、R32冷媒を搭載したヒートポンプの性能向上やハイブリッドシステム効率の向上といった改良を行うことで、省エネ設備の評価基準となる給湯一次エネルギー消費量おいて省エネNo.1※1を実現しました。

○ 国立研究開発法人建築研究所(協力:国土交通省国土技術政策総合研究所))による「建築物のエネルギー消費性能に関する技術情報」で公開されている平成28年省エネルギー基準に準拠した「エネルギー消費性の判定プログラム(住宅版)Ver.2.1.1」(6地区)による算出。

※1 平成28年省エネルギー基準に準拠した「エネルギー消費性の判定プログラム(住宅版)Ver.2.1.1」(6地区)により給湯一次エネルギー消費量をタンク容量100Lの条件にて算出した場合。(リンナイ調べ2017年1月現在)

※2 その他設備を除く

◆温水暖房で快適な暮らしを実現
ECO ONEは、給湯やお風呂への給湯はもちろん、床暖房、浴室暖房など、お湯の熱を利用した温水暖房まで1台でまかなうことができます。また、ECO ONEは電気とガスのハイブリッドで高い省エネ性を実現するため、ランニングコストの面でも安心して温水暖房を使用できます。
◆専用アプリ対応でスマートフォンから家中どこでもアクセス可能

スマートフォンやタブレット端末からECO ONE を操作できる専用アプリケーションに対応しています。ご自宅の無線LANルーター※3とリモコンを接続することで、家のあらゆる場所からさまざまな操作や設定が可能です。


リンナイ家中どこでも
給湯器リモコン
(無線LAN対応)

※3 家庭用の無線LANルーターをご使用ください。モバイルルーター(ポケットWi-Fi)、テザリングでの使用はできません。詳しくは弊社窓口へお問い合わせください。

※4 リンナイ(株)調べ2016年2月現在

○スマートフォンはiPhone、Androidに対応。○iPhoneは、Apple Inc.の商標です。○Androidは、Google Inc.の登録商標または商標です。

◆太陽光を効率よく使う太陽光発電モード
ゼロエネルギーハウス(ZEH)の普及促進と売電価格の低下から、太陽光で得た電力を売電するのではなく、有効に自家消費することが必要とされています。ECO ONEの太陽光発電モード「PV活用」は、日中の最も余剰する時間帯の電力を活用し、一般的には夕方以降に行われる沸き上げの前倒しと、通常より高い温度での沸き上げを行います。蓄熱量を増やして給湯光熱費の節約に貢献します。
◆蓄電池に適応した緊急時対応モード
停電時でもガスが供給されている場合は、蓄電池の電力を利用してガス給湯運転が可能です。さらに、ガス供給も停止した場合には、蓄電池からの供給電力のみでヒートポンプにて給湯運転を行います。
ECO ONEは業界初※5の機能である、ヒートポンプの電力抑制沸き上げ制御を搭載しており、冷蔵庫、テレビ、照明などの重要負荷電源への電力供給が優先されていても、ヒートポンプの消費電力を抑制して限られた電力消費での給湯運転を行います。
※5 リンナイ㈱調べ 2016年2月現在
蓄電池の仕様によって対応できない場合があります

 

 

リンナイは、リンナイ精神である「熱と暮らし」、「品質」、「現地社会への貢献」を継承し、省エネ性に優れた商品開発を継続し、地球環境に配慮した事業を推進してまいります。

 

 

ニュースリリースPDF版は、以下よりご覧ください。


(PDF/635KB)

画像は、以下よりダウンロードしていただけます。


(ZIP 圧縮データ/106KB)

 

本件についてのお問い合わせ先

リンナイ株式会社 広報部:052-361-8211(代表)

 

(注)ニュースリリースに記載されている内容は、発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。